失業保険という曲者


app_CA_EDD.jpg
ニュースでUSの失業保険申請者が3800万人を超えた、とかやってるけど
あれは、完全に失業している人だけでなく、一時解雇(保険とかのbenefitはもらったまま)も労働時間短縮も含まれているのだ。
だから、数字だけ鵜呑みにして「10人に一人がコロナで失業…」って思っちゃうけど、ちょっと違うんだな。

更にこの失業保険曲者で、Covid-19は特別で、州によって多少異なるが、今までの収入との差額(週Max $450)+追加で週$600がもらえる。
LA County のMinimum wage $14.25の人は、今まで週 $570だったが、一時解雇の場合$450 + $600=$1,050と今まで以上の収入になるのだ。

だ、か、ら、レストランとかが徐々にOpenしてきても、戻ってこない従業員がいて困っているとか。。
働かない方がお金もらえるんだもん。

うちの会社の時給の人達も8時間から6時間に時短となったが、失業保険対象外だった人は対象になるようにもっと時短したいと言い出した。
おい、おい!自分の仕事は終わるんかい?

私の部下もそんな事を言い出したら、じゃあ貴方達は普段半分の時間遊んでいる事を証明するようなものよ?と言ってやりたい。

お金が絡むと色々揉める。

自転車操業の人が多いこの国では、収入が止まるもしくは少しでも減になると死活問題なのだ。
だからさ~もっとさ~普段からさ~少しさ~貯金しろよ!

まあ、失業保険のこの特別措置は13週間という限定だけどね。

この記事へのコメント