映画レビュー The Joker

joker.jpg

全世界で評判の高いBatmanに出てくるジョーカー誕生を描いた、ダークヒーロー映画。
NYCと思わしきGotham Cityは荒れた街で、ピエロ役を商売にしているメンタル障害を持つ彼(リバーフェニックスの弟だったのね、知らなかったJoaquin Phoenix)が鬱屈した人生と荒んだそして不平等な社会の中で憎しみと怒りが増幅し、遂に抑えきれなくなり次々と殺人を犯していく…。
11年前のBatman Dark Knightに登場したJokerは今は亡きHeath Ledgerが演じていたが、笑い出す病をもったJoaquin Phoenixのも相当不気味。骨が浮き出た気持ち悪いほどの上半身姿で踊る気の狂った危ない奴はTaxi DriverのRobert De Niroを彷彿させる。
Batmanのスピンオフでも何でもなくて、派手なアクションも車もヒーローも登場せず、暗い都会の街の中で闇を抱えながら生きている人々を描いたドラマ。ミュージックも味があるし、人気なのも納得の内容。 87点

今回日本帰国の際に機内で観た映画は、エルトンジョンのRocket ManとニコールキッドマンのDestroyerとPets 2。Rocket Manはボヘミアンラプソディーと少し似ているけど、あーいうビッグアーティストは孤独な人生を歩んでいたんだなぁ~って切なくなったけど、今はお酒に溺れない人生を全うしている事を初めて知って、エルトンジョンの見方が変わったわ。ニコールキッドマンはプレビューで別人のような荒れた無口の刑事役になっているのを見て興味があったのよね。Petsは1も可愛かったし、楽しく見れる映画

この記事へのコメント