令和元年、おめでとうございます。

download.jpgアメリカに住んでると元号使わないし見ないから、今って平成何年なの?って感じだった。だから、新元号になる時には実感したい!と天皇の退位・即位の儀式をライブで、平成・令和の特番をじっくり見ようと会社を休んだ夫と私。いつからこんなに愛国主義者になったのか。

夜中1時に起きて「退位礼正殿の儀」を、翌日は三種の神器を献上する成人男性皇族のみ(なぜ女性は外されるのか)出席の「剣璽等承継の儀」や「即位後朝見の儀」を見て、車から沿道の国民へ手を振るライブ中継を見て、皇后になられた雅子さまの第一ティアラや聞いた事もないドレスの名前ローブデコルテやローブモンタントがどうだとかのワイドショーも見て、どっぷり皇室ムードに浸かった二日間。

今回のこうした儀式を見て感じたのは、皇族が少ない事、特に男性が少ない、女系/男系女子天皇問題はどうなったのだろうか?
国の象徴として生きてこられた上皇と象徴としてこれから生きていく天皇、国民の安寧と幸せを祈るという事はどういう感覚なのだろうか。

そういえば昔軽井沢で礼宮さま(秋篠宮さま)を見たわ~

令和が良い時代になりますように。

この記事へのコメント