Family Cruise 5回目のカリブクルーズ II

5回目とありカリブのメインの島は一応制覇したので、今回は南のキュラソーとアルーバが含まれてるクルーズにした。でも事前に下調べをしようにもあまり情報がない、って事は何もないの?

という事でキュラソーのリキュール工場見学とアートギャラリーというクルーズのオプションツアーに参加(1人$35)。現地に行くと現地のツアーがたくさんある島があるが、クルーズは出航時間が決まっているので万が一間に合わなかった場合にクルーズのオプションツアーだったら待っていてくれる保障があるのでクルーズのツアーにしたのだ。個人で勝手に行く現地のツアーは安いが間に合わなかった場合は待っててくれない。以前ツアー会社の車故障で出航時間に間に合わず仕方なくその島から自腹で飛行機でクルーズが戻って来る港に帰ってきたという話を聞いた事がある。恐ろしや~

DSC01954a.jpg
街の中の大きな橋から見る港周辺は絵になるほど素敵だった。そして建物はカリブのパステル、可愛い街並み。
DSC01983a.jpg
アートギャラリーと言っても絵画でなく「チチ」というカリブの島のお尻の大きい女性の形のオブジェを作製しているギャラリーへ。ビビットカラーと青い海青い空がマッチしている。
DSC01966a.jpg

DSC01957a.jpg

キュラソーはオレンジのリキュールとして世界的にも有名。その発祥地がここキュラソー。ベネズエラ沖のオランダ領の島。元々は甘くない美味しくないオレンジの処理に困っていたところ、この皮を乾燥させアルコールとお砂糖を足して作ったのだそうだ。一番有名なのはブルーキュラソー、ブルーハワイの元になる。他にも有名なのはホワイト・キュラソーのコアントローやオレンジ・キュラソーのグラン・マルニエ。甘いけど美味しい♪

DSC01982a.jpg
工場内で製造工程を見学した後はお待ちかねの試飲!キュッと一杯甘いけどアルコール度数が25%と高いので、オリジナルのオレンジキュラソー・コーヒー味のコーヒーキュラソーを飲んだら、既に良い気分になってきた♪
折角なのでとオレンジとコーヒーをお土産に。

DSC02014a.jpg
ディナーの後デッキではパーティが、大人の私達は家から持参してきたヴォッカにトニックウォーターでゆったり飲みに入る。そうそうクルーズのセキュリティはとても甘いので、液体の持込が可能。いつもお水のボトルにヴォッカやラムにテキーラを入れてお水のごとく持ち込む。クルーズ内のアルコールはとても高いので飲兵衛の私達はこの作戦。ラムはストレートで飲んだりだけど、他はトニックウォーターやクラブソーダで割って飲みたい、ソーダパッケージ(コーラやスプライト・トニックウォーター等の炭酸ものが飲み放題、1週間で$35ほど。)を買っている。炭酸物は無料でないので1缶$1.50なのだ。

満天の星空に乾杯★

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック