自分に敬称を付けるおやじ

emailで男か女か分かるように自分の名前にMrやMsをつけてる人はたまに、いる。

でも電話で「This is Mr.Brown」なんての聞くと、えっ?
相手は声を聞けば男女の区別はついているのに、敢えてMrとつけるのには何か理由があるのだろうか?

日本的に考えて「私、○○会社の田中さんと申します。」なんて言ったら
アホかこいつ?でしょ

英語だって同様じゃないの?

わけ分からん!

この記事へのコメント

  • りさ

    いますよ、います。。。
    特に、DR.と敬称が付いてると、威張って言う人。なんだろう?!と思う。で、たまに間違って、MR.....と言うと、訂正させられる。私も理解できません。
    だけど、たまに声だけではMRかMSなのか判断出来ない人は、言ってもらうと助かるけどね。。。。
    2010年10月10日 01:12
  • moanalani

    りささん:おーDRはそこまで偉そうに訂正までさせられるんだ、ったくなんて奴等だ!

    声だけでは性別の判断が出来ない人ってお年寄り?歳をとってくるとなんだか中性化してくるじゃない。
    2010年10月10日 08:30
  • ドロンジョ

    日本だと集団内の地位(役職名)にこだわる人が多いような(「○○さん」ではなく「(○○)部長」と呼ばれたがる?)気がするんだけど…。
    アメリカはどう?
    MRとか(DRとか)所属集団関係なしの自分への敬称を重んじるっていうところが何だかアメリカっぽいなと思った。
    2010年10月15日 00:25
  • moanalani

    ドロンジョ:確かにアメリカでは○○部長なんて呼び方しないから、皆ファーストネームで Hey, Elic !みたいな感じだもんね。でもDRは個人への敬称であり集団内の地位でもあるじゃない?大学内で教授の事はDr.Heinsであって、Mr.Heinsじゃない…微妙。
    2010年10月16日 04:42

この記事へのトラックバック