Eat Pray Love

eat pray love.jpg エリザベス・ギルバートのベストセラーが原作、今話題のジュリア・ロバーツの映画「Eat Pray Love」(邦題「食べて、祈って、恋をして」)を観て来た。キャリアもお金も家庭もある作家の彼女だったが、自分が欲しているのはそういう普通の結婚生活ではない事に気付く。悩んだ挙句離婚をし全てを捨てて、イタリアでは食をインドでは祈りをバリ島では愛を求めて、1年間の自分探しの旅に出る。

4ヶ月滞在するイタリアではパスタやワインをグビグビ、これまた美味しそうに食べるのだ!そうだ、イタリアに行こう!という衝動に駆られる。ジーンズが入らなくなったって食べたい時に食べる、この精神大賛成!ここでは優しい人達とも知り合い、友人やその家族達と楽しく美味しいものを一緒に食べる、何も考えずに手放しで楽しむ幸せ。 

次のインドではヒンズー教の道場に滞在しヨガと瞑想の毎日、いわゆるこないだ記事にした「断捨離」心の執着を捨てる。でもなかなか瞑想ができなかったり。ここで着てるシンプルな服がまた可愛い♪

そして最後のバリは以前に取材で訪れた事のあるメディスンマンのおじさんを再訪。そこで知り合った男性と恋に落ちのだが、全てを捨ててきれず迷う…。自転車でバリ・ウブドの田舎道を走ってるシーンが印象的で、自然体で素直な彼女がそこにいる。あ~バリには22年前に行ったきりだなぁ、神の国は自分に向き合うのには良い場所かも。

アラサー・アラフォー女性の求める「自分の人生とは何か」を考えさせられる映画。今もっているもの今ある人生に疑問を感じ、これで良いのだろうか?このまま歳をとっていっていくのだろうか?今の私は本当の私? 私達はよくこんな事を考えるが、それを見つける「旅」ってなかなかできないものだ、人生を変えるこんな旅、一度はしてみたい!

女性のみならず男性にもお薦めの映画。 86点

私の「Eat Pray Love」行くんだったら、イタリア・チベット・タヒチかな。
Eat Pray Drinkにならないようにね…

この記事へのコメント

  • りさ

    早速観たのね!面白そうね。
    本を読んでみようかと思うけど、あんな粗雑な紙で出来た本が、$16。。。。。ちょっと、迷ってしまった小心者。
    まだSACTも観てないけど、、、、これも観なきゃならない、、でも、映画館に行くのがめんどくさい。早くビデを出ないかなあ~。と、せこい私。
    2010年09月04日 01:32
  • ドロンジョ

    旅に出るってことは手持ちのカード全て捨てるってことだよね。
    私にはそんな度胸はないけど、でも現状のカードでこれからの人生ずっとパスし続けるのもどうかなぁ~と。
    反面、現状維持できることに幸せを感じなきゃとも思うんだな…これが。
    チベットでPrayは共感!

    2010年09月05日 22:48
  • moanalani

    りささん:まあどちらも映像の迫力は必要ないので、DVDでも全く問題ないよ。(いまどきまさかのビデオ派?)

    ドロンジョ:人生をカードに例えるあたり流石は先生ですねぇ、分かり易い!全部捨てるという事は全とっかえか…ゲーム放棄じゃないくてね。どのカードも全く雑魚だとそれはできるけど、あと1枚良いのがくればとパスし続けるているのかもね…
    2010年09月08日 09:54
  • SABAMAMA

    おぉ~。コレ見たんだ。 私は本で読んだんだけど、ジュリア・ロバーツがこの役にぴったりだなぁっと思った。

    見ようかな?と思ったけど、やっぱり「本の方がいい」というレビューが多いのでDVDまで待とうかな?

    私だったら、きっとイタリアから離れられないだろうな。
    2010年09月14日 05:39
  • moanalani

    SABAMAMA:いやいや離れられます、それは太るに太って居られなくなるから…
    2010年09月15日 10:16

この記事へのトラックバック