世界の食卓から - コロンビア

「世界の食卓から」シリーズ6弾はコロンビア

コロンビア=麻薬密輸・ゲリラのイメージはここでは取っ払おう。コロンビアはマイアミから飛行機で3時間、スペイン語を話す南米3位の人口、起伏の激しい土地で海リゾートもあれば6000m近い山もある。
整形手術の技術が高く安いので有名で南米以外のヨーロッパからもお気軽整形に来るんだとか、おっと食から離れてきてしまった、コーヒーも有名。

南米なのでお肉料理が多いが、コロンビアはその中でもスープに長けた国ではないだろうか。
サンコチョ(お肉)・アヒアコ(ポテト)・モンドンゴ(もつ煮込み)等のスープはその代表である。

今回はそのもつ煮込み「モンドンゴ」を食べに行って来た。
その名も「Mondongo」
3500 NW 87th Ave. Doral, FL 33172
305-718-4977
http://www.mondongos.com.co/english/

DSC02619.JPG

DSC02614.JPG モンドンゴにチチャロン(豚バラ肉をカリカリに揚げた物)・ご飯・お豆・挽肉・目玉焼き・ポテト・プランテイン(お馴染みバナナ揚げ)のセット。これには更にコーンケーキ(白くて無味)・アボカド・バナナも付いてくる、これで$13.00

とにかくもつ煮込みモンドンゴを食べてみよう!
日本のもつ煮込みよりもっと汁的なスープで小さく切った胃袋やポテトがコロコロ入っている。
あーかなりいい味。肉と野菜のブイヨンが優しい味を出している。
これにライムを搾ってシラントロとアボカドを入れるのが通、おっ味が少し引き締まった感じ。

そして好物チチャロンをかじりながら、半熟目玉焼きを潰して、お豆をご飯にかけて挽肉と混ぜる。
食べ方もマイアミ11年だいぶ板についてきた。

満足のランチ、お腹一杯で午後は海で浮いていた~い気分♪

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック