コルドンブルーでこの値段!

かの有名なフランス料理学校「コルドンブルー」、日本でもレストランがあるが
そのレストランへ行って来た!

でもここ普通のレストランじゃない。生徒さんが作って、生徒さんがサーブをするレストラン、しかもお酒の持ち込み可、なんか面白そうでしょ。

DSC02441.JPG DSC02442.JPG DSC02448.JPG
店内は至って普通のレストラン、ウェイターの数の多さとオープンキッチンの向こうのシェフの数の多さが違う。メニューを見るとアレっ?あんまりフランス料理じゃない・・・
前菜にツナたたき($9.95)、クラブケーキ(カニコロッケみたいの$9.95)オニオンスープ($4.50)、シェフサラダ等。メインもフィレミニヨン($18.95)、ポークチョップ($11.95)、Tボーンステーキ($19.95)、サーモンステーキ($11.95)、これって全くもって普通のアメリカ料理じゃないか!ちょっと失望

今回も同席、前にも来た事のある友人が「付け合せのソースがお持ち帰り用プラスチックケースに入ってきた」とか「ミディアムって頼んだのにめちゃウェルダンだった」とか「盛り付けが酷い」等興味深い感想を言ってたのだが、実際はお味も良くお肉の焼き加減もグー、盛り付けだってシンプルだけど悪くはなかった。そして値段もお手頃。

DSC02451.JPG
私のチョイスは前菜は唯一フレンチ風のオニオンスープ。多少ドロドロが少ないけど味は77点
肉食系女子の私はTボーンステーキ16オンス(280g)、ミディアムレアが良い感じでフレンチフライと一緒にもぐもぐ・・・82点完食

飲兵衛の私の回りももちろん飲兵衛、ワイン1人一本持参で着々と開けられていくボトル、注いでくれるのも生徒さん、振るえもなくスムーズだった。

DSC02463.JPGデザート($4.50)注文時に既に4本(5人)が終了、当然のごとき「デザート用に最後の1本も開けちゃって下さい」って言ったら、食事の後に学校内を案内してくれると言い出した。好奇心の塊である私は二つ返事で「わーい!お願いします!」

DSC02468.JPG
そして中に潜入する事になった。その日はクリスマスビュッフェの試作があり、廊下はシェフいやシェフ見習いシェフ見習いの長蛇の列。夜6時から始まるこの学校では9時10時が一番盛り上がると言う。切るクラス・焼くクラス・世界の料理クラス・学科クラス等真剣な表情だったり、楽しそうな学生達。

DSC02474.JPG
2年の準学士(短大)コースで400万もするというお金持ち校、卒業3ヶ月前にレストランで実習をするのだという。単位なしのクラスだったら1回3時間$90、Holiday Celebrationなんて勉強になりそう、ちょっと行ってみようかしら。

校内案内はどのお客さんにもしている様子はなく、ラッキーと思っていたが、実はかなり飲んでいた私達の酔い覚ましの為にしてくれた好意だったらしい。。

こんな貴重な体験も飲兵衛のおかげ♪ イヒヒ

この記事へのコメント

  • ドロンジョ

    いつも感じていたんだけど、写真撮るのうまいよね(飲兵衛の写真とは思えません)。
    料理にしろ、人物にしろ、被写体に対する愛を感じるよ!
    2010年08月10日 17:29
  • moanalani

    ドロンジョ:そうかしらn?次回帰国時にはドロンジョを被写体にフォトジェニックお撮りするわ♪
    2010年08月10日 23:56
  • 面白そうやねえ~。
    しかし、いろんな事を見つけて楽しんでますなあ~。
    2010年08月11日 02:26
  • moanalani

    りささんでしょ?:面白かったし、まともに美味しかったよ。NCにはコルドンブルーないのかしら?
    2010年08月11日 10:23
  • SABAMAMA

    へぇ~酔い覚ましだったのか。。
    しきりに運転は誰?って聞いてたものね。。。うひゃひゃ。

    でも、私が始めていった時とは大違い。もしかしたらシェフの先生(おお~きな帽子かぶってうちらのテーブルにご挨拶にきた)が前回はいなかったのかも! なかなかのできでよかったね。 メニューが代わったらまた行きたいね。
    2010年08月21日 04:50
  • moanalani

    SABAMAMA:お得感たっぷりだったからね。うん、メニュー変わったら是非また行こう!
    2010年08月24日 08:28

この記事へのトラックバック