世界の食卓から - コロンビア

「世界の食卓から」シリーズ6弾はコロンビア コロンビア=麻薬密輸・ゲリラのイメージはここでは取っ払おう。コロンビアはマイアミから飛行機で3時間、スペイン語を話す南米3位の人口、起伏の激しい土地で海リゾートもあれば6000m近い山もある。 整形手術の技術が高く安いので有名で南米以外のヨーロッパからもお気軽整形に来るんだとか、おっと食から離れてきてしまった、コーヒーも有名。 南米…

続きを読む

世界の食卓から -ペルー

世界の食卓から」シリーズ5弾はペルー 魚料理がメインのペルー料理は日本人の口にも良く合うので、ラテン料理の中でもマイベスト そのペルー料理の代表作は「セビーチェ」と言われる魚のマリネ 新鮮な生の白身魚(シーバス・グルーバー等)に玉ネギ・ライム・塩・アヒリモというペッパーを混ぜ合わせ数時間マリネしたもの。最近のものは数時間のマリネをせずに混ぜたら即食べる、こちらは日系人がお刺身をヒ…

続きを読む

世界の食卓から -イスラエル

最近ブログ更新少ないねと友人からの一言、なんかブログモードの時とそうでない時が私にはあって。 でもその間ももちろんガンガン食べてるし、ガンガン飲んでるわけで。 載せてなかった「世界の食卓から」シリーズネタも結構あったので、一気にいくつかを。 家の近くはJewish(ユダヤ人)が多い事からKosher(コーシャー)というユダヤ教の食べ物規律でOKとされている物や食べ方を守っているお店…

続きを読む

Fukuoka

Juan Luis Guerraというラテンおっさんの「Bachata en Fukuoka」って曲が今ラテンの間では大ヒット中だそうだ。既に友人・会社含め3人もの人に「ねえ知ってる?」って聞かれた。 バチャタというラテンダンスの曲なんだけど、このPVあまり綺麗じゃない日本人女性(?かどうかも怪しい)がラテン男とビーチで踊り出し、クラウチングタイガー並にジャンプしちゃうわで笑える。…

続きを読む